テクノシステム株式会社

HOME 会社案内・求人情報 製品情報 技術情報・業務案内 お問い合わせ
        
TSADC-0812    
価格表 オプション
■ライブラリ・サンプルソフト
Windows95,98,Me用 汎用入出力ライブラリ
サンプルソフト
製造番号 H-A*** H-B209以下の数字
説明 ダウンロード
Windows95,98,Me用 汎用入出力ライブラリ
サンプルソフト
製造番号 H-B210以上の数字
説明 ダウンロード
Windows95,98,Me用
サポートソフト用取扱説明書(全機種共通)
PC-CARD_support
Windows95,98,Me用
カードセット説明書(全機種共通)
PC-CARD_set
Windows2000/XPサンプル又はデモソフト ダウンロード
Windows2000/XPサンプルソフト(VC) 説明 ダウンロード
Windows2000/XPサンプルソフト(VB) ダウンロード
Windows2000用 汎用入出力ライブラリ
(全機種共通)
PCC-SS2000 ダウンロード
WindowsXP用 汎用入出力ライブラリ
(全機種共通)
PCC-SSXP ダウンロード
取扱説明書
1.概要
TSADC-0812は、PCカードスロットに挿入するだけで容易にアナログ信号をパソコンに入力する事が出来ます。
入力は、シングルエンド入力を 8チャンネル備えており、入力電圧の範囲は各チャンネル独立に 4種類の設定が
出来ます。入力回路は±16Vの過電圧保護を備えております。 また、TTLレベルの入出力回路もあり各種用途に
ご利用できます。
                  
2.ブロック図
TSADC-0812の内部構成をブロック図に示します。


図1 ブロック図

                         
3.仕様
@アナログ入力
入力チャンネル 8チャンネル(シングルエンド)
分解能 12ビット
入力精度 1/2LSB
入力インピーダンス 10KΩ以上
入力範囲
       
          
      
             
各入力チャンネルごとにソフトウェアにて設定
0V〜+5V
0V〜+10V
±5V
±10V
スループット 最大100Ksps
過電圧保護 ±16.5V
Aデジタル入出力
TTL入力 7ビット 負論理 (カード内で10KΩでプルアップ)
TTL出力 8ビット 正論理 74LS273相当
                         
4.I/Oマップ

TSADC-0812の I/Oアドレスは先頭アドレスを **D0h からはじめてください。Windowsではシステムの空きアドレスに
自動的に割り当てられます。システムのプロパティで確認してください。
TSADC-0812で指定できる先頭アドレスを下表に示します。

カードアドレス 基本設定 エントリ番号
00D0h 0 #10
01D0h 1 #11
02D0h 2 #12
03D0h 3 #13
04D0h 4 #14
05D0h 5 #15
06D0h 6 #16
07D0h 7 #17
10D0h 8 #18
11D0h 9 #19
12D0h A #1A
13D0h B #1B
14D0h C #1C
15D0h D #1D
16D0h E #1E
17D0h F #1F
@入力ポート
アドレス D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0
先頭アドレス +0

A/Dデータ下位

         +1

A/Dデータ上位

         +2

変換
完了

         +3

TTL入力データ

A/Dデータ下位 :コントロールバイトで設定したアナログ入力チャンネルから入力した下位8ビットの変換データ
A/Dデータ上位 :コントロールバイトで設定したアナログ入力チャンネルから入力した上位4ビットの変換データ
変換された入力データと電圧の関係を次の表で示します。
ユニポーラ 入力範囲 変換データ
0〜5V 0〜10V
0V 0V 000000000000
+2.5V +5V 011111111111
+5V +10V 111111111111

 

バイポーラ 入力範囲 変換データ
-5V〜5V -10V〜10V
-5V -10V 100000000000
111111111111
0 0V 000000000000
000000000001
+5V +10V 011111111111
変換完了     :A/D変換完了ビット(1:変換完了)
TTL入力データ :TTL I/Oポートから入力したデータ
A出力ポート
アドレス D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0
先頭アドレス +0 コントロールバイト
         +1
         +2
         +3 TTL出力データ
コントロールバイトのフォーマットを次に示します。
D7(MSB) D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0(LSB)

0
(固定)

1
(固定)

0
(固定)

RNG

BIP
A2 A1 A0
注)D7、D6、D5のビットは上記の値で固定してください。
RNG :入力電圧範囲を切り替えます。
BIP  :極性(ユニポーラ入力とバイポーラ入力)を切り替えます。
A2、A1、A0 :入力チャンネルを選択します。
             
極性切替と入力電圧範囲の関係を示します。
BIP RNG 入力電圧範囲
0 0 0V〜+5V
0 1 0V〜+10V
1 0 -5V〜+5V
1 1 -10V〜+10V
入力チャンネル選択
A2 A1 A0 CH 0 CH 1 CH 2 CH 3 CH 4 CH 5 CH 6 CH 7
0 0 0 *                      
0 0 1    *                       
0 1 0        *                
0 1 1             *              
1 0 0                *          
1 0 1                  *       
1 1 0                     *   
1 1 1                         *
TTL出力データ :TTL I/Oポートから出力するデータ。
                 
5.使用方法
TSADC-0812の使用例をフローチャートで示します。

              
6.外部接続コネクタ
外部接続コネクタのコネクタピン配置を表1に示します。
ピン番号 信 号 名
1 アナログ入力CH1
2 GND
3 アナログ入力CH2
4 GND
5 アナログ入力CH3
6 GND
7 アナログ入力CH4
8 GND
9 アナログ入力CH5
10 GND
11 アナログ入力CH6
12 GND
13 アナログ入力CH7
14 GND
15 アナログ入力CH8
16 GND
17 TTL出力 D0
18 TTL出力 D1
19 TTL出力 D2
20 TTL出力 D3
21 TTL出力 D4
22 TTL出力 D5
23 TTL出力 D6
24 TTL出力 D7
25 TTL入力 D0
26 TTL入力 D1
27 TTL入力 D2
28 TTL入力 D3
29 TTL入力 D4
30 TTL入力 D5
31 TTL入力 D6
32 GND

表1.コネクタピン配置

適合コネクタ : NX60T32SAA9-SP(ヒロセ)
注)ケーブルは付属品ではありません。別途購入してください。

コネクタのピン番号

 


HPに関するご質問や製品に関するお問い合わせは
テクノシステム株式会社
〒252-0233 神奈川県相模原市中央区鹿沼台2-11-1
TEL:042-769-1655 FAX:042-769-1653
E-mail:info@techno-system.co.jp