テクノシステム株式会社

HOME 会社案内・求人情報 製品情報 技術情報・業務案内 お問い合わせ
           
TP4USB  PC104-USB制御ボード

価格表    

 

    

デバイスドライバ
■2003.5.10以前出荷 ■2003.5.10以降出荷
TP4USB_Driver.zip New_USBDri.zip
無料サンプルソフト

TP4USB_Sample.zip
1.概要

弊社製PC/104拡張ボードをUSB経由で上位PCより制御できます。上位PCからUSBに対してコマンドを送信する
ことによってPC/104バスへのデータの入出力、リセット信号出力、割込み信号のチェックを行います。PC/104拡張
ボードの絶縁デジタル入出力(TP4IIO48)やアナログ入(TP4AD812,TP4DA412)3軸モータコントローラ(TP4MT03)
をUSB経由で制御し、デジタル/アナログ信号の入力出力やステッピングモータのコントロールが可能となります。
上位PCからは仮想COMポートによりコントロールできます。
(通信ボーレート  38.4kbps 8bit バリティー無し  ストップビット 1bit フロー制御 無し ASCIIコード(DIP-SW 1))

3.仕様

取付穴PC104準拠 基板外形 90.16mm×95.88mm

電源ピンレイアウト B6PS-VH(日圧)使用
1 +12V
2 +5V
3 −5V
4 −12V
5 GND
6 GND
適合コネクタ ハウジング VHR-6N(日圧)
コンタクト SVH-21T-P1.1(日圧)

   

JMP1 割込み入力設定
※上記設定ではIRQ3で割込みが発生したことを知らせます。
※工場出荷時は割込みなしです。
使用条件 :0〜70℃ 20〜90%(結露しない事)
消費電流 :+5V 約300mA
注意 :USBケーブル、電源ケーブルは付属品ではありません。
DIP-SW設定 :SW1 ONでバイナリ転送モードとなります。OFFはASCII転送モード、デリミタはCRのみです。
 SW2 未使用
 SW3 未使用
 SW4 未使用
5.コマンド   
上位PCからPC104バスを制御する為に以下のコマンドをUSBにより送受信することでPC104バスに接続
されている拡張ボードを制御します。以下に各コマンドの送受信フォーマットを示します。
        
【1】ライトコマンド(00) 指定アドレス(16ビット)に指定データ(8ビット)を出力します。
送信フォーマット
データは16進数
  
   
   
   
  
  
受信フォーマット
   
戻り値なし
アドレス 0300hにデータ55hを出力します。
        
【2】リードコマンド(01) 指定アドレス(16ビット)のデータ(8ビット)を入力します。
送信フォーマット
データは16進数
  
   
   
   
  
  
受信フォーマット
   
アドレス 0300hから55hのデータが入力されます。
        
【3】リセットコマンド(02) PC104バスのリセットラインにリセットパルスを出力します。
送信フォーマット

  
   
 
受信フォーマット 電源投入時およびPKG上のリセットスイッチ押下時にもリセットパルスを出力します。
        
【4】割込み確認コマンド(03) 割込みラインの状態を入力します。
送信フォーマット

  
   
 
受信フォーマット
   
   
    
   
   
    
        
【5】割込み不可コマンド(04) 割込み可能フラグをリセットします。
電源投入時・リセット時は割込み可能フラグはリセット
送信フォーマット

  
   
 
受信フォーマット 戻り値なし
        
【6】割込み可コマンド(05) 割込み可能フラグをセットします。
送信フォーマット

  
   
 
受信フォーマット 戻り値なし
        
【7】割込み発生 割込み可能フラグをセットします。
割込み可能で割込みの発生時 &H01 の割込み発生データが一度送信されます。
(割込み不可から可能に変化した場合、既に割込みが発生している場合も同様)
受信フォーマット  &H 01(固定データ)
        
デバイスドライバ
Win98 , Win2K , WinME , WinXP
 

HPに関するご質問や製品に関するお問い合わせは
テクノシステム株式会社
〒252-0233 神奈川県相模原市中央区鹿沼台2-11-1
TEL:042-769-1655 FAX:042-769-1653
E-mail:info@techno-system.co.jp